CHECK

屋根塗装を検討中の方必見!相場費用・利用可能な助成金・塗料の種類などを紹介

屋根塗装は塗装業者によってサービスが異なります。
助成金をアドバイスしてもらえたり、オリジナルカラーや耐久性の良い塗料など特殊な塗料を提供してくれたりさまざまです。
根本的に費用が異なるため相場を知るためには競合をかけることが重要です。
材料費や人件費に加えて管理費や出張費用など細かい明細で差が出てしまいます。
また、昔ながらの職人技での塗装技術を提供してもらえるので、こだわる顧客にも最適な業者もいるのです。

屋根塗装を検討中の方必見!相場費用・利用可能な助成金・塗料の種類などを紹介

屋根塗装の塗装業者は世の中に様々存在しており、サービスが異なるため、顧客の理想とするデザインや費用が変わってきます。
相場といっても一概には言えないので、業者を数社当たって競合で見積もりをすることが重要です。
屋根塗装業者はいろいろな個性を持っているので考慮することがポイントです。
リフォームや環境にいい塗料を使うことで自治体からの助成金を受けることが出来たり、耐久性や撥水性など付加価値のある塗料やオリジナルカラーを持っていたりします。

屋根塗装の相場価格はどのくらい?割引を受けることは可能?

屋根塗装をしようと考えている方が多くいると思われます。
屋根は雨風にさらされて劣化しやすい箇所なので、定期的なメンテナンスが必要です。
何もしないで放置してしまうと、家の寿命を短くすることになるので気をつけてください。
屋根塗装にかかる費用相場は、一般的な住宅で40万円から100万円くらいになります。
塗装する面積や使用する塗料によって金額が変わってきます。
費用を安く抑えたいのであれば、助成金を活用してみるべきです。
一般的なリフォームに該当する場合は市町村の助成金を利用することになります。
東京23区などで利用できる助成金は遮熱塗装で省エネリフォームに該当する場合です。
東京23区では環境に配慮した家にすることを推進しているため、遮熱塗装であれば安く行うことができます。
ただ、安く抑えることに固執するべきではないです。
業者選びも安いだけで決めてしまう方がいますが、それだけで決めてしまうと後悔することになります。

屋根塗装で助成金や補助金が受け取れるケースとは?

屋根塗装は一般的に100~150万円にのぼるので、費用負担は抑えたいところです。
このようなニーズに対応して地方自治体によっては助成金や補助金による助成が実施されていることがあります。
必ずしもお住まいの地元で実施されているとは限りませんが、ホームページで確認して受給用件を充足していないか確認するのは必須です。
屋根塗装での助成金などの交付の流れを確認しておくと、工事に先立って申請を済ませておくことが前提になります。
施工後に申請しても受理されないので注意してください。
どの業者でもいいというわけではなく、申請する地域で営業所がある施工業者に限定されます。
申請する側の要件では税金滞納などをしていないことも必要です。
助成されるのは工事代金総額の5%となります。
申請書を自治体ホームページからダウンロードし、施工業者からの見積もりを添付して提出。
助成決定後、実績報告書と業者の請求書を改めて提出し2-3週間ほど経過すると支給されるという流れになります。

そもそもなぜ屋根塗装が必要なのか?

屋根は建物の中でも最も上の部分で、紫外線や雨の影響を強く受けます。
それゆえに、塗装をしても防水や遮熱断熱、防汚といった機能が落ちてしまいます。
だいたい屋根塗装の持ちは7~13年くらいだと言われており、それ以上になると塗料の効能がなくなってしまうのです。
塗膜が劣化して屋根を保護できなくなると、断熱効果もなくなり家の中は夏場など暑くて大変です。
防水機能も切れて、雨を弾かなくなって雨漏りする可能性も出てきます。
さらに防汚機能も落ちるので、屋根に付着した埃や汚れが落ちにくくなります。
綺麗に塗った屋根もどんどん汚れ、そして建物も劣化が進むのです。
また屋根塗装をすることは、外観を美しく見せるためでもあります。
屋根は建物の上部なので遠くからも目立ちます。
屋根が汚れていると建物が古く見えるでしょう。
今や屋根塗料はカラーも豊富です。
お気に入りの色に塗り替えることで、気分もリフレッシュできます。
愛着のある家を長持ちさせて、いつまでも快適に暮らすために屋根塗装は重要です。

屋根塗装を行う前に屋根の診断をすべき?

屋根塗装を行う前には、屋根の状態を調査して診断結果を参考にするべきではないでしょうか。
理由は簡単で、屋根の状態に合わせて過不足なく屋根塗装ができる可能性が大幅にアップするからです。
状態に対して塗料の選択が間違ってしまうと、十分な保護効果が得られなかったり、次の塗り替えまで持たなくなる恐れがあります。
逆に、状態が良好なのに過剰に性能の良い塗料を選択すれば、今度はコストの無駄になってしまいます。
つまり性能とコストのバランスを考えて塗料を選ぶ為には、屋根塗装の前に診断を行うことが不可欠というわけです。
調査では塗装以外に劣化している部分も分かりますし、劣化具合や早急な処置が必要かどうかも判断できるようになります。
屋根塗装はただ塗り替えれば良いというものではなく、周辺の設備を含めて状態を確認したり、必要に応じて工事することが重要なので、後々余分なコストを支払わない為にもまずは診断が先決ではないでしょうか。

屋根塗装に関する情報サイト
屋根塗装の相場費用など

屋根塗装は塗装業者によってサービスが異なります。助成金をアドバイスしてもらえたり、オリジナルカラーや耐久性の良い塗料など特殊な塗料を提供してくれたりさまざまです。根本的に費用が異なるため相場を知るためには競合をかけることが重要です。材料費や人件費に加えて管理費や出張費用など細かい明細で差が出てしまいます。また、昔ながらの職人技での塗装技術を提供してもらえるので、こだわる顧客にも最適な業者もいるのです。

Search